問題36(解説) 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題36(解説) 不動産の価格の特徴

正解:1

(1):正しい本肢の通り(2):誤り収益費用項目においては、信託報酬、特別目的会社・投資法人・ファンド等に係る事務費用、アセットマネジメントフィー(個別の不動産に関する費用は除く)等の証券化関連費用は含まない(各論3章留意事項)。なお、プロパティマネジメントフィーは運営費用含まれる(各論3章)。
(3):誤り「純収益」は償却前のものとして求めることとしていることから減価償却費は計上しないことに留意する必要がある(各論3章留意事項)。
(4):誤り「運営純収益」と証券化対象不動産に係る一般の開示書類等で見られるいわゆる「NOI(ネット・オペレーティング・インカム)」はその内訳が異なる場合があることに留意する必要がある(各論3章留意事項)。なお、NOIの内訳に従って収益費用項目を計上しなければならないという定めはない。
(5):誤り「資本的支出」と「修繕費」の区分については、税務上の整理等との整合性に十分配慮する必要があることに留意しなければならない(各論3章留意事項)。しかし、エンジニアリング・レポートの修繕費と更新費の区分に従って、計上しなければならないという定めはない。
問題へ戻る

問題35へ問題37へ