問題30(解説) 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題30(解説) 不動産の価格の特徴

正解:1

(1):正しい本肢の通り(2):誤り建物及びその敷地が一体として市場性を有する場合における建物のみの鑑定評価は、その敷地と一体化している状態を前提として、その全体の鑑定評価額の内訳として建物について部分鑑定評価を行うものである(各論1章)。
(3):誤り建物及びその敷地が一体として市場性を有しない場合における建物のみの鑑定評価額は、積算価格を標準として決定するものとする(各論1章)。
(4):誤り直接法は、対象不動産について、使用資材の種別、品等及び数量並びに所要労働の種別、時間等を調査し、対象不動産の存する地域の価格時点における単価を基礎とした直接工事費を積算し、これに間接工事費及び請負者の適正な利益を含む一般管理費等を加えて標準的な建設費を求め、さらに発注者が直接負担すべき通常の付帯費用を加算して再調達原価を求める手法である(総論7章)。なお、設計監理料は発注者が直接負担すべき通常の付帯費用である。
(5):誤り建設資材、工法等の変遷により、対象不動産の再調達原価を求めることが困難な場合には、対象不動産と同等の有用性を持つものに置き換えて求めた原価(置換原価)を再調達原価とみなすものとする(総論7章)。
問題へ戻る

問題29へ問題31へ