問題27(解説) 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題27(解説) 不動産の価格の特徴

正解:2

イ:誤り借地権の取引慣行の成熟の程度の低い地域における借地権の鑑定評価額は、土地残余法による収益価格を標準とし、当該借地権の設定契約に基づく賃料差額のうち取引の対象となっている部分を還元して得た価格及び当該借地権の存する土地に係る更地又は建付地としての価格から底地価格を控除して得た価格を比較考量して決定するものとする(各論1章)。
ロ:正しい本肢の通りハ:誤り借地権が単独で取引の対象となることはないが建物の取引に随伴して取引の対象となっている都市又は地域における借地権の鑑定評価に当たっては、部分鑑定評価として取り扱うべきである。
ニ:正しい本肢の通りホ:誤り土地残余法を適用する場合における総費用において、土地に係る公租公課についてはこれに代えて地代相当額を計上するが、建物に係る公租公課は計上する必要がある。
問題へ戻る

問題26へ問題28へ