問題18(解説) 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題18(解説) 不動産の価格の特徴

正解:4

イ:正しい本肢の通りロ:正しい本肢の通りハ:誤り底地の鑑定評価額は、実際支払賃料に基づく純収益等の現在価値の総和を求めることにより得た収益価格及び比準価格を関連づけて決定するものとする(各論1章)。
ニ:誤り対象不動産の位置、規模、環境等によっては、標準的使用の用途と異なる用途の最有効使用が考えられる(総論6章)。
ホ:誤り借地権の鑑定評価に土地残余法を適用する場合、総費用の査定において、土地の固定資産税及び都市計画税に代えて実際支払地代を計上するが、家屋等の固定資産税及び都市計画税は計上しなければならない。
問題へ戻る

問題17へ問題19へ