問題17 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題17 不動産の価格の特徴

取引事例比較法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものをすベて掲げた組み合わせはどれか。

更地の鑑定評価において配分法を適用する場合における取引事例は、敷地が最有効使用の状態にあるものを採用すべきである。
取引事例比較法の適用に当たっては、取引事例はもとより、売り希望価格、買い希望価格、精通者意見等の資料を幅広く収集するよう努めるものとする。
事情補正に当たり増額すべき特殊な事情として、営業上の場所的限定等、特殊な使用方法を前提として取引が行われたときがある。
地域要因及び個別的要因の比較については、それぞれの地域における個別的要因が標準的な土地を設定して行う必要がある。

<選択肢>

(1) イのみ
(2) ハのみ
(3) ニのみ
(4) イとロ
(5) ロとハ

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題16へ問題18へ