問題13(解説) 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題13(解説) 不動産の価格の特徴

正解:4

イ:誤り区分所有建物及びその敷地で、専有部分を区分所有者が使用しているものについての鑑定評価額は、積算価格、比準価格及び収益価格を関連づけて決定するものとする(各論1章)。需要者が取引に係る意思決定に際し生活利便性や居住快適性に影響を与える要因を重視することは、積算価格以外の比準価格、収益価格にも反映させるべきことであり、試算価格の調整に際して積算価格を重視すべき理由とはならない。
ロ:誤り建築コストや分譲可能床面積に影響を与える要因は、費用や販売総額に影響し、開発事業の採算性に影響を与える。一方、マンション住戸の需要者の重視する生活利便性等に影響を与える要因も、販売総額等に影響し、開発事業の採算性に影響する。そのため必ずしも建築コストや分譲可能床面積に影響を与える要因を重視すべきとは言えない。
ハ:誤り貸家及びその敷地の鑑定評価は、収益価格を標準とし、積算価格及び比準価格を比較考量して決定するものとする(各論1章)。原価法の適用において、収益性を適切に反映させることは収益還元法と比較し困難ではあるが、経済的要因に基づく減価等で反映することも可能であり、不可能とまでは言えない。
ニ:正しい本肢の通りホ:誤り建物を取壊してマンション開発等を行うことが最有効使用の場合もあり、この場合には、典型的な需要者をディベロッパーと判定することもある。
問題へ戻る

問題12へ問題14へ