問題2 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題2 不動産の価格の特徴

不動産とその価格に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものをすべて掲げた組み合わせはどれか。

不動産の経済価値は、一般に、交換の対価である価格として表示されるとともに、その用益の対価である賃料として表示される。そして、この価格と賃料との間には、いわゆる元本と果実との間に認められる相関関係を認めることができる。
不動産は、その自然的条件及び人文的条件の全部又は一部を共通にすることによって、他の不動産とともにある地域を構成し、その地域の構成分子としてその地域との間に、協働、代替、競争等の関係に及びその地域内の他の構成分子である不動産との間に依存、補完等の関係にたち、これらの関係を通じてその社会的及び経済的な有用性を発揮するものである。
土地は他の一般の諸財と異なって自然的特性及び、人文的特性を持っており、そのいずれもが可変的であって伸縮的である。
不動産は、土地の持つ諸特性に照応する特定の自然的条件及び人文的条件を与件として利用され、その社会的及び経済的な有用性を発揮するものである。そして、これらの諸条件の変化に伴って、その利用形態並びにその社会的及び経済的な有用性は変化する。
不動産の属する地域は固定的なものではなくて、常に拡大縮小、集中拡散、発展衰退等の変化の過程にあるものであるから、不動産の利用形態が最適なものであるかどうか、仮に現在最適なものであっても、時の経過に伴ってこれを持続できるかどうか、これらは常に検討されなければならない。

<選択肢>

(1) イとロ
(2) ハとホ
(3) イとニとホ
(4) ロとハとニ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題1へ問題3へ