問題38(解説) 不動産の価格の特徴

2009年>>

問題38(解説) 不動産の価格の特徴

正解:2

契約に当たって一時金が授受される場合における支払賃料は、実質賃料から、当該一時金について賃料の前払的性格を有する一時金の運用益及び償却額並びに預り金的性格を有する一時金の運用益を控除して求めるものである(総論7章)。
これから、月額実質賃料と月額支払賃料の関係は以下の通りである。
月額実質賃料=月額支払賃料+(敷金×運用利回り)/12+(礼金×年賦償還率)/12
以上から、月額支払賃料をAとすると、
520,000円=A+(A×7ヶ月×2%)/12+(A×0.34)/12
1.04×A=520,000円
A=500,000円
と求まるので、単価は、下記の通りとなる。
500,000円÷200㎡=2,500円/㎡
問題へ戻る

問題37へ問題39へ