問題34(解説) 不動産の価格の特徴

2009年>>

問題34(解説) 不動産の価格の特徴

正解:2

イ:誤り実地調査においては、建物竣工図等を用いて、建物内部と照合を行う必要があることから、建物の内覧を行うことが必須であるが、入居状況等によっては建物内部への立入調査ができない箇所がある場合もある。その場合には、実地調査の一部を実施することができなかった場合にあっては、その理由(各論3章)を鑑定評価報告書に記載する。
ロ:正しい本肢の通りハ:誤り処理計画の策定に当たっての確認事項の記録については、
(1)確認を行った年月日
(2)確認を行った不動産鑑定士の氏名
(3)確認の相手方の氏名及び職業
(4)確認の内容及び当該内容の処理計画への反映状況
(5)確認の内容の変更により鑑定評価の作業、内容等の変更をする場合にあっては、その内容
(各論3章)があるが、確認を行った場所の記録は必ずしも行う必要はない。
ニ:正しい本肢の通りホ:誤り処理計画の策定に当たっては、エンジニアリング・レポート、DCF法等を適用するために必要となる資料その他の資料の主な項目及びその入手時期(各論3章)をあらかじめ、依頼者に対し確認しなければならない。作成時期ではなく、入手時期である。
問題へ戻る

問題33へ問題35へ