問題32(解説) 不動産の価格の特徴

2009年>>

問題32(解説) 不動産の価格の特徴

正解:4

イ:正しい本肢の通りロ:正しい本肢の通りハ:誤り契約上の条件又は使用目的が変更されることに伴い賃料を改定する場合の鑑定評価に当たっては、契約上の条件又は使用目的の変更に伴う宅地及び地上建物の経済価値の増分のうち適切な部分に即応する賃料を、継続中の宅地の賃貸借等の契約に基づく実際支払賃料を改定する場合を想定した場合における賃料に加算して決定するものとする(各論2章)。地上建物のみではなく、宅地及び地上建物の経済価値の増分が正しい。
ニ:正しい本肢の通りホ:誤り土地の公租公課は、必要諸経費等に含まれ家賃を構成する要因の一つであり、その推移、動向は家賃の継続賃料の鑑定評価額に影響を与え得る。
問題へ戻る

問題31へ問題33へ