問題26(解説) 不動産の価格の特徴

2009年>>

問題26(解説) 不動産の価格の特徴

正解:2

イ:誤り建付地は、建物等と結合して有機的にその効用を発揮しているため、建物等と密接な関連を持つものであり、したがって、建付地の鑑定評価は、建物等と一体として継続使用することが合理的である場合において、その敷地について部分鑑定評価をするものである(各論1章)。
ロ:誤り建付地の鑑定評価額は、原則として更地としての鑑定評価額を限度とし、配分法に基づく比準価格及び土地残余法による収益価格を関連づけて決定するものとする(各論1章)。なお、土地残余法に準ずる方法は、区分地上権の価格を求める際の一つの手法として基準に記載されている。
ハ:正しい本肢の通りニ:正しい本肢の通りホ:正しい本肢の通り問題へ戻る

問題25へ問題27へ