問題15(解説) 不動産の価格の特徴

2009年>>

問題15(解説) 不動産の価格の特徴

正解:1

イ:誤り事務所と住宅では、標準的な共用部分の仕様等が異なるため、一般的にレンタブル比は異なる傾向がある。
ロ:誤り不動産が敷地と建物等との結合によって構成されている場合において、収益還元法以外の手法によって敷地と建物等のいずれか一方の価格を求めることができるときは、当該不動産に基づく純収益から建物等又は敷地に帰属する純収益を控除した残余の純収益を還元利回りで還元する手法(土地残余法又は建物残余法という。)を適用することができる(総論7章留意事項)。よって、土地残余法の場合は、建物の価格に建物の還元利回りを乗じて得た額を、敷地と建物一体の償却前の純収益から控除した純収益を還元することとなる。
ハ:正しい本肢の通りニ:誤り将来得られる割引前の純収益や復帰価格は、投資元本の回収部分及び投資利益から構成されている。これらについて、適切な割引率を用いた現在価値の総和を求めることで、適切な投資元本として収益価格を求めるのがDCF法であり、DCF法によってアプローチされた正常価格は投資家がこれから投資して採算に合うと期待する投資価値を求める価格といえる。
問題へ戻る

問題14へ問題16へ