問題7(解説) 不動産の価格の特徴

2009年>>

問題7(解説) 不動産の価格の特徴

正解:2

イ:正しい本肢の通りロ:正しい本肢の通りハ:誤り民事再生法に基づく評価目的の下で、早期売却を前提とした価格を求める場合は、原則として、比準価格と収益価格を関連づけ、積算価格による検証を行って鑑定評価額を決定する。なお、比較可能な事例資料が少ない場合は、通常の方法で正常価格を求めた上で、早期売却に伴う減価を行って鑑定評価額を求めることもできる(総論5章留意事項)。
ニ:誤り資産の流動化に関する法律又は投資信託及び投資法人に関する法律に基づく評価目的の下で、投資家に示すための投資採算価値を表す価格を求める場合、特定資産の取得時又は保有期間中の価格としての鑑定評価に際しては、資産流動化計画等により投資家に開示される対象不動産の運用方法を所与とする必要があることから、必ずしも対象不動産の最有効使用を前提とするものではないため、特定価格として求めなければならない(総論5章留意事項)が、資産流動化計画等が対象不動産の最有効使用と一致し、収益性に基づき価格形成がなされる市場に属する場合等では、正常価格の鑑定評価額と一致することもあり得る。
問題へ戻る

問題6へ問題8へ