問題2 不動産の価格の特徴

2009年>>

問題2 不動産の価格の特徴

不動産の種類に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

業務高度商業地域とは、店舗と事務所が複合して高度に集積している地域のことをいう。
近年、建設された臨海部の埋立地で、現況が周辺部も含め建物等が建設されていない土地の鑑定評価を依頼された場合においては、土地の種別について鑑定評価の作業において検討する必要がない。
鑑定評価の精度を高めるためには、地域の種別の細分化を行い、近隣地域の用途を純化することが必要である。
不動産の種別の分類は、試算価格又は試算賃料の調整に当たっても重要な事項であり、これらを的確に分類、整理することは、鑑定評価の精密さを一段と高めることとなる。
不動産の種類とは、不動産の種別及び類型の二面から成る複合的な不動産の概念を示すものであり、この不動産の種別及び類型が不動産の経済価値を本質的に決定づけるものであるから、この両面の分析をまって初めて精度の高い不動産の鑑定評価が可能となるものである。不動産の種別とは、その有形的利用及び権利関係の態様に応じて区分される不動産の分類をいい、不動産の類型とは、不動産の用途に関して区分される不動産の分類をいう。

<選択肢>

(1) 1つ
(2) 2つ
(3) 3つ
(4) 4つ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題1へ問題3へ