問題40(解説) 不動産の価格の特徴

2008年>>

問題40(解説) 不動産の価格の特徴

正解:2

イ:誤り不動産の鑑定評価とは、現実の社会経済情勢の下で合理的と考えられる市場で形成されるであろう市場価値を表示する適正な価格を、不動産鑑定士が的確に把握する作業に代表される(総論1章)が、例えば特定価格のように、法令等による社会的要請を背景とする評価目的の下で、正常価格の前提となる諸条件を満たさない場合における不動産の経済価値を適正に表示する価格(総論5章)を求める場合も不動産の鑑定評価である。
ロ:正しい本肢の通りハ:誤り不動産のあり方は、自然的、社会的、経済的及び行政的な要因の相互作用によって決定されるとともに経済価値の本質を決定づけている。一方、この不動産のあり方は、その不動産の経済価値を具体的に表している価格を選択の主要な指標として決定されている(総論1章)。
ニ:誤り土地は他の一般の諸財と異なって次のような特性を持っている。

(1) 自然的特性として、地理的位置の固定性、不動性(非移動性)、永続性(不変性)、不増性、個別性(非同質性、非代替性)等を有し、固定的であって硬直的である。
(2) 人文的特性として、用途の多様性(用途の競合、転換及び併存の可能性)、併合及び分割の可能性、社会的及び経済的位置の可変性等を有し、可変的であって伸縮的である。

(総論1章)ホ:正しい本肢の通り問題へ戻る

問題39へ2008年一覧へ