問題35 不動産の価格の特徴

2008年>>

問題35 不動産の価格の特徴

次の対象不動産(底地)の鑑定評価額を決定するに当たり、収益価格を算定した。次の金額のうち、底地の収益価格として正しいものはどれか。
なお、過去に受領した一時金及び将来見込まれる一時金は増改築等承諾料のみとし、借地権が消滅し完全所有権に復帰する可能性がないものとすること。また、1万円未満の金額については、四捨五入すること。

<対象不動産(底地)の状況>

更地の還元利回り :4.0%
水道光熱費 :200万円
実際支払地代(年額) :1,800万円
底地の還元利回り :5.0%
増改築等承諾料(価格時点より2年後に受領予定) :2,400万円
割引率 :4.0%
土地の公租公課(年額) :600万円
建物の修繕費(年額) :100万円
名義書替料 :1,000万円
複利現価率(価格時点より2年後から価格時点までの複利現価率) :0.9000
借地権価格 :4億9,000万円
更新料 :3,511万円
財産評価基本通達上の借地権割合 :70%
建物の公租公課(年額) :200万円

<選択肢>

(1) 2億2,160万円
(2) 2億3,160万円
(3) 2億6,160万円
(4) 2億7,160万円
(5) 3億2,160万円

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題34へ問題36へ