問題6(解説) 不動産の価格の特徴

2008年>>

問題6(解説) 不動産の価格の特徴

正解:2

利回り法は、基礎価格に継続賃料利回りを乗じて得た額に必要諸経費等を加算して試算賃料を求める手法である(総論7章)。

①価格時点における基礎価格
現行賃料を定めた時点における基礎価格(2億円)×1.1=2.2億円

②価格時点における継続賃料利回り
{現行賃料を定めた時点における純賃料(600万円)÷現行賃料を定めた時点における基礎価格(2億円)}×0.95=2.85%

③必要諸経費等
現行賃料を定めた時点における年額実際実質賃料(1,000万円) -現行賃料を定めた時点における純賃料(600万円) =400万円

④利回り法による試算賃料(年額実質賃料)
①×②+③=1,027万円問題へ戻る

問題5へ問題7へ