問題1(解説) 不動産の価格の特徴

2008年>>

問題1(解説) 不動産の価格の特徴

正解:2

イ:誤り区分地上権の鑑定評価額は、設定事例等に基づく比準価格、土地残余法に準じて求めた収益価格及び区分地上権の立体利用率により求めた価格を関連づけて得た価格を標準とし、区分地上権の設定事例等に基づく区分地上権割合により求めた価格を比較考量して決定するものとする(各論1章)。
ロ:誤り土地残余法に準じて求める収益価格は、区分地上権設定地について、当該区分地上権の設定がないものとして、最有効使用を想定して求めた当該設定地全体に帰属する純収益から、当該区分地上権設定後の状態を所与として最有効使用を想定して求めた当該設定地に帰属する純収益を控除して得た差額純収益を還元利回りで還元して得た額について、さらに当該区分地上権の契約内容等による修正を行って求めるものとする(各論1章留意事項)。
ハ:正しい本肢の通りニ:誤り区分地上権の設定事例等に基づく比準価格を求める際は、区分地上権設定地に係る区分地上権の経済価値には、当該区分地上権に係る工作物の保全のため必要な他の空間の使用制限に係る経済価値を含むことが多いので、区分地上権の態様、設定期間等設定事例等の内容を的確に把握すべき(各論1章留意事項)であることに留意する必要がある。
ホ:正しい本肢の通り問題へ戻る

2008年一覧へ問題2へ