問題36 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題36 不動産の価格の特徴

建物及びその敷地の正常賃料を求める場合の次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

建物及びその敷地の正常賃料の鑑定評価額は、積算賃料、比準賃料及び収益賃料を関連づけて決定する。
建物及びその敷地の一部を対象とする場合の正常賃料の鑑定評価額は、当該建物及びその敷地の全体と当該部分との関連について、主に費用性の観点から検討する必要がある。
建物及びその敷地の正常賃料を求める場合の鑑定評価に当たっては、近隣地域の標準的な賃貸借の契約内容による使用方法に基づく建物及びその敷地の経済価値に即応する賃料を求めるものとする。
店舗用ビルの場合、積算賃料を求めるときの基礎価格の判定及び比準賃料を求めるときの事例選択に当たっては、貸主は躯体及び一部の建物設備を施工するのみで賃貸し、内装、外装及び建物設備の一部は借主が施工することがあることに留意すべきである。
収益賃料は、建物及びその敷地の経済価値(基礎価格)に期待利回りを乗じて得た額に、対象不動産の賃貸借等を継続するために通常必要とされる必要諸経費等を加算して求める。

<選択肢>

(1) 正しいものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) 4つ

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題35へ問題37へ