問題30(解説) 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題30(解説) 不動産の価格の特徴

正解:1

A:階層別効用比
一棟の建物の基準階の専有部分の単位面積当たりの効用に対する、各階層の専有部分の単位面積当たりの効用の比をいう。
各階層の床面積ではなく、専有部分の面積であることに注意する必要がある。

B:階層別地価配分率
階層別効用比から各階層の建物に帰属する効用比を控除して各階層の敷地利用権の効用比を求め、これに各階層の面積を乗じて得た階層別地価配分積数の、敷地全体の階層別地価配分積数の合計値に対する割合をいう。
「階層別の積数÷敷地全体の積数」で求めるものであり、敷地全体の合計値「に対する」割合が正しい説明である。

C:階層別効用比率
階層別効用比に各階層の専有面積を乗じて得た階層別効用積数の、一棟の建物及びその敷地全体の階層別効用積数の合計値に対する割合をいう。問題へ戻る

問題29へ問題31へ