問題26(解説) 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題26(解説) 不動産の価格の特徴

正解:3

イ:正しい本肢の通りロ:誤り本肢のような定めはない。なお、建物及びその敷地が一体として市場性を有する場合における建物のみの鑑定評価は、その敷地と一体化している状態を前提として、その全体の鑑定評価額の内訳として建物について部分鑑定評価を行うものである(各論1章)。
ハ:正しい本肢の通りニ:誤り借家権とは、借地借家法(廃止前の借家法を含む。)が適用される建物の賃借権をいう(各論1章)のであり、営業用の建物の賃借権に限らない。
ホ:誤り借家権の取引慣行がある場合における借家権の鑑定評価額は、当事者間の個別的事情を考慮して求めた比準価格を標準とし、自用の建物及びその敷地の価格から貸家及びその敷地の価格を控除し、所要の調整を行って得た価格を比較考量して決定するものとする。借家権割合が求められる場合は、借家権割合により求めた価格をも比較考量するものとする(各論1章)。
問題へ戻る

問題25へ問題27へ