問題23 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題23 不動産の価格の特徴

不動産の種別に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

住宅地域は、敷地の規模と建築の施工の質が、細分化の重要な視点の一つとして考えられる。
農地地域には、移行地は存しない。
業務高度商業地域とは、主として行政機関、企業、金融機関等の事務所が高度に集積している地域をいう。
複合高度商業地域とは、高層の店舗や共同住宅が集積している地域をいう。
近隣商業地域とは、主として近隣の居住者に対する日用品等の販売を行う店舗等が連たんしている地域で、都市計画で近隣商業地域と定められている地域をいう。

<選択肢>

(1) 1つ
(2) 2つ
(3) 3つ
(4) 4つ
(5) すべて誤っている

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題22へ問題24へ