問題15(解説) 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題15(解説) 不動産の価格の特徴

正解:1

イ:誤り建物残余法とは、不動産が敷地と建物等との結合によって構成されている場合において、収益還元法以外の手法によって敷地の価格を求めることができるときは、当該不動産に基づく純収益から敷地に帰属する純収益を控除した残余の純収益を還元利回りで還元する手法(総論7章留意事項)であるため、敷地の価格は収益還元法以外の方法で、求めなければならない。
ロ:正しい本肢の通りハ:誤り更地について想定された複合不動産の総収益を、近隣地域又は同一需給圏内の類似地域等に存する類似の不動産の総収益から求める場合は、取引事例比較法に準じて行うが、比較項目、格差については、総収益の比準であるため、必ずしも取引事例比較法とは一致しない。
ニ:誤り借地権の収益価格を土地残余法により求める場合、借地権付建物の総収益から控除する総費用として、土地の公租公課に代えて支払地代相当額を計上する必要がある。
ホ:誤り対象不動産が更地である場合においても、当該土地に最有効使用の賃貸用建物等の建築を想定することにより土地残余法を適用することができる(総論7章留意事項)が、容積率を消化し得る建物が必ずしも最有効使用の建物であるとは限らない。
問題へ戻る

問題14へ問題16へ