問題11 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題11 不動産の価格の特徴

借地権の鑑定評価に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

借地権の取引慣行の成熟の程度の高い地域において、借地権の借地残存期間が長い場合には、建物の残存耐用年数を考慮する必要がない。
対象不動産の借地契約が書面である場合の取引事例比較法の適用に当たって、借地契約が口頭である借地権の取引事例を採用することができる。
借地権(賃借権である場合)の第三者との取引において、名義書替料(又は譲渡承諾料)の支払が慣行として成立している地域にあっては、名義書替料は、借地権の価格を形成する要素となる。
借地権の取引慣行の成熟の程度の低い地域における借地権の鑑定評価額は、土地残余法による収益価格を標準とし、当該借地権の設定契約に基づく賃料差額を還元して得た価格及び当該借地権の存する土地に係る更地価格又は建付地としての価格から底地価格を控除して得た価格を比較考量して決定する。
借地権割合は、路線価図に記載されている借地権割合を採用する。

<選択肢>

(1) 正しいものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) 4つ

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題10へ問題12へ