問題7 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題7 不動産の価格の特徴

地域分析及び同一需給圏に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

見込地の同一需給圏は、一般に当該土地が移行すると見込まれる土地の種別の同一需給圏と一致する傾向にある。
同一需給圏は近隣地域を含んでより広域的であり、近隣地域と相関関係にある類似地域の存する範囲に一致する。
同一需給圏における市場の需給動向を把握するに当たっては、同一需給圏内に存し、用途、規模、品等等が対象不動産と類似する不動産に係る需給の推移及び動向に留意すべきである。
高度商業地の商業背後地の範囲は、普通商業地の商業背後地の範囲より狭い傾向がある。
消費地指向型工業地と呼ばれる中小工業地の同一需給園は、一都道府県内の範囲を超えない。

<選択肢>

(1) 1つ
(2) 2つ
(3) 3つ
(4) 4つ
(5) すべて誤っている

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題6へ問題8へ