問題38 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題38 不動産の価格の特徴

価格及び賃料の種類に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1) 現実の社会経済情勢の下で合理的と考えられる条件としての、相当の期間市場に公関されていることとは、価格時点以降売買成立時まで公開される状況を想定することである。
(2) 併合を目的とする売買に関連する場合において、増分価値が認められない場合は限定価格とはならない。
(3) 投資信託及び投資法人に関する法律に基づく評価目的の下で、投資家に示すための投資採算価値を表す価格を求める場合に、求められた価格が正常価格と一致する場合には特定価格とはならない。
(4) 早期売却を前提として価格を求める場合には、どのような依頼目的で、あっても、特定価格として鑑定評価を行うことができる。
(5) 限定賃料とは、不動産の賃貸借等の継続に係る特定の当事者間において成立するであろう経済価値を適正に表示する賃料をいう。

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題37へ問題39へ