問題34 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題34 不動産の価格の特徴

試算価格の調整における再吟味に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

不動産鑑定評価基準では、再吟味の留意事項として6つの適否と1つの整合性を示している。
各試算価格の再吟味は、説得力に係る判断を行う前提となるものである。
試算価格を求める各手法の適用において、ある価格形成要因が各試算価格に与える影響についての判断に矛盾がないかどうかを検証する必要がある。
整合性の観点から、土地残余法と開発法において想定する建物は同じものとしなければならない。

<選択肢>

(1) 正しいものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題33へ問題35へ