問題34(解説) 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題34(解説) 不動産の価格の特徴

正解:3

イ:誤り各試算価格又は試算賃料の再吟味において次の事項に留意すべきである。

1. 資料の選択、検討及び活用の適否
2. 不動産の価格に関する諸原則の当該案件に即応した活用の適否
3. 一般的要因の分析並びに地域分析及び個別分析の適否
4. 各手法の適用において行った各種補正、修正等に係る判断の適否
5. 各手法に共通する価格形成要因に係る判断の整合性
6. 単価と総額との関連の適否

ロ:正しい本肢の通りハ:正しい本肢の通りニ:誤り土地残余法では賃貸用建物を、開発法では分譲用建物を想定することになるため、想定する建物は異なるのが通常である。
問題へ戻る

問題33へ問題35へ