問題33 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題33 不動産の価格の特徴

賃料の鑑定評価に関する次のイからトまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

継続中の建物及びその敷地の賃貸借の契約に基づいて実際支払賃料を改定する場合の鑑定評価においては、支払賃料を求めることを原則とし、実質賃料を求めることを依頼された場合に限り支払賃料とともに実質賃料を求めればよい。
実質賃料は、純賃料及び不動産の賃貸借等を継続するために通常必要とされる諸経費等から成り立つものである。
賃貸借契約に当たり預り金的性格を有する一時金が授受されており、かつ、いわゆる付加使用料、共益費の授受がない場合、実質賃料は支払賃料及び当該一時金の運用益から構成される。
賃料の価格時点は、賃料の算定の期間の収益性を反映するものとしてその期間の期首となる。
賃料の前払的性格を有する一時金の運用益及び償却額については、対象不動産の賃貸借等の持続する期間の効用の変化等に着目し、実態に応じて適切に求めるものとする。
スライド法の適用に当たり、現行賃料を定めた時点における実際実質賃料に即応する適切な変動率が求められる場合には、実際実質賃料に当該変動率を乗じて得た額を試算賃料として求めることができる。
鑑定評価によって宅地の賃料を求める場合、賃料の算定の期間は、原則として1年を単位とする。

<選択肢>

(1) 1つ
(2) 2つ
(3) 3つ
(4) 4つ
(5) 5つ

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題32へ問題34へ