問題32(解説) 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題32(解説) 不動産の価格の特徴

正解:5

(1):誤り地域分析に当たって特に重要な地域は、用途的観点から区分される地域、すなわち近隣地域及びその類似地域と、同一需給圏(総論6章)であり、都市計画法の用途地域で区別するわけではない。
(2):誤り地域分析に当たっては、対象不動産に係る市場の特性の把握の結果を踏まえて地域要因及び標準的使用の現状と将来の動向とをあわせて分析し、標準的使用を判定しなければならない(総論6章)。
(3):誤り近隣地域の範囲の判定に当たっては、基本的な土地利用形態や土地利用上の利便性等に影響を及ぼす自然的状態に係る事項、人文的状態に係る事項に留意することが必要である(総論6章留意事項)。
(4):誤り不動産の属する地域は固定的なものではなく、地域の特性を形成する地域要因も常に変動するものであることから、地域分析に当たっては、対象不動産に係る市場の特性の把握の結果を踏まえて地域要因及び標準的使用の現状と将来の動向とをあわせて分析し、標準的使用を判定(総論6章)する必要があるため、標準的使用は動態的に判定することとなる。
(5):正しい本肢の通り問題へ戻る

問題31へ問題33へ