問題30(解説) 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題30(解説) 不動産の価格の特徴

正解:4

(1):正しい本肢の通り(2):正しい本肢の通り(3):正しい本肢の通り(4):誤り開発法による試算価格は、販売総額、建物の建築費又は土地の造成費、付帯費用を価格時点に割り戻すために、投下資本収益率を考慮した複利現価率を用いて試算する。複利年金現価率ではなく、複利現価率である。
(5):正しい本肢の通り問題へ戻る

問題29へ問題31へ