問題29(解説) 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題29(解説) 不動産の価格の特徴

正解:3

イ:正しい本肢の通りロ:誤り建付地の鑑定評価は、建物等と一体として継続使用することが合理的である場合において、その敷地について部分鑑定評価をするものである(各論1章)。
ハ:誤り建付地の鑑定評価額は、原則として更地としての鑑定評価額を限度(各論1章)とするものであるが、例えば現況の建物が既存不適格建築物であり現行の容積率を超過している場合等により、更地としての最有効使用より高い経済価値を有する場合には、建付地の鑑定評価額が更地としての鑑定評価額を上回ることはあり得る。
ニ:正しい本肢の通りホ:誤り建付地の鑑定評価における土地残余法による収益価格は、当該建付地の更地としての最有効使用との格差、更地化の難易の程度等敷地と建物等との関連性を考慮すべき(各論1章)であり、最有効使用の建物を想定するのではなく、現況の建物を前提に試算することとなる。
問題へ戻る

問題28へ問題30へ