問題28(解説) 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題28(解説) 不動産の価格の特徴

正解:3

(1):誤り建物及びその敷地に係る鑑定評価においては、鑑定評価報告書に、最有効使用の判定の記載として、建物及びその敷地の最有効使用のほか、その敷地の更地としての最有効使用についても記載しなければならない(総論8章)ため、最有効使用を判断する必要はある。
(2):誤り建物及びその敷地の同一需給圏は、一般に当該敷地の用途に応じた同一需給圏と一致する傾向があるが、当該建物及びその敷地一体としての用途、規模、品等等によっては代替関係にある不動産の存する範囲が異なるために当該敷地の用途に応じた同一需給圏の範囲と一致しない場合がある(総論6章)。
(3):正しい本肢の通り(4):誤り地域的選好性は住宅地の同一需給圏に特有なものではない。例えば、普通商業地の同一需給圏については、一般に狭い商業背後地を基礎に成り立つ商業収益に関して代替性の及ぶ地域の範囲に一致する傾向があるが、地縁的選好性により地域的範囲が狭められる傾向がある(総論6章)。
(5):誤り不動産の最有効使用の判定に当たっては、使用収益が将来相当の期間にわたって持続し得る使用方法であること、効用を十分に発揮し得る時点が予測し得ない将来でないこと(総論6章)等に留意する必要があるが、価格時点でその効用が十分に発揮でき、持続できる状態でなければならないという定めはない。
問題へ戻る

問題27へ問題29へ