問題26 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題26 不動産の価格の特徴

最有効使用の判定に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

現実の建物の用途等が近隣地域の標準的使用に合致しない場合には、最有効使用の観点から現実の建物の取壊しを想定して鑑定評価を行う必要がある。
個々の不動産の最有効使用は、一般に近隣地域の地域の特性の制約下にあるが、対象不動産の位置、規模、環境等によっては近隣地域の標準的使用の用途と異なった用途になることもある。
地域要因の変動の予測を前提とした使用方法を最有効使用として判定するためには、当該変動の時期及び具体的内容についての実現の蓋然性が高いことが認められることが必要であるが、当該変動の時期は価格時点から概ね1年以内でなければならない。
地域の変化が激しい地域において移行地又は見込地の最有効使用を判定する場合、その移行又は転換に至る期間の予測について、周辺地域を含む広域的な地域の動向を分析するとともに、公共事業及び民間の開発等の事業計画の実現性、着工時期及び事業の完成時期等について、適切に調査し予測を行ったうえで慎重に判断しなければならない。
建物及びその敷地の最有効使用の判定において、最有効使用の観点から現実の建物の取壊しを想定するためには、一級建築士の判断が必要である。

<選択肢>

(1) 1つ
(2) 2つ
(3) 3つ
(4) 4つ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題25へ問題27へ