問題23(解説) 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題23(解説) 不動産の価格の特徴

正解:3

イ:誤りDCF法は、連続する複数の期間に発生する純収益及び復帰価格を予測しそれらを明示することから、収益価格を求める過程について説明性に優れたものである(総論7章留意事項)。
ロ:正しい本肢の通りハ:正しい本肢の通りニ:誤り積算法は、対象不動産の基礎価格、期待利回り及び必要諸経費等の把握を的確に行い得る場合に有効である(総論7章)。
ホ:正しい本肢の通り問題へ戻る

問題22へ問題24へ