問題18 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題18 不動産の価格の特徴

割引率または還元利回りの求め方等に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

類似の不動産の取引事例との比較から還元利回りを求める方法は、他の方法に比べ常に説得力がある。
土地と建物に係る還元利回りから求める方法は、土地と建物等の割引率が同じと判断される場合には、土地と建物等の価格変動の違いを反映させたものとして求められる。
借入金と自己資金に係る割引率から求める方法の適用に当たっては、不動産投資において典型的な投資家が想定する借入金割合及び自己資金割合を基本とすることが必要である。
還元利回りは、「金融資産の利回りに不動産の個別性を加味して求める方法」では求められない。

<選択肢>

(1) 正しいものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題17へ問題19へ