問題18(解説) 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題18(解説) 不動産の価格の特徴

正解:3

イ:誤り類似の不動産の取引事例との比較から求める方法は、対象不動産と類似性の高い取引事例に係る取引利回りが豊富に収集可能な場合には特に有効である(総論7章留意事項)が、例えば取引利回りが豊富に収集できない場合には説得力が劣ることとなるため、他の方法に比べ常に説得力があるとは言えない。
ロ:正しい本肢の通りハ:正しい本肢の通りニ:誤り鑑定評価基準には、「金融資産の利回りに不動産の個別性を加味して求める方法」(総論7章)は割引率を求める方法の例示として記載されており、還元利回りを求める方法としての記載はない。
しかし、鑑定評価基準に記載されている還元利回りを求める方法は例示であり、それ以外の方法を否定するものではなく、「金融資産の利回りに不動産の個別性を加味して求める方法」が還元利回りを求める方法として有効である場合には、適用することが可能である。
問題へ戻る

問題17へ問題19へ