問題17(解説) 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題17(解説) 不動産の価格の特徴

正解:2

イ:誤り利回り法は、基礎価格に継続賃料利回りを乗じて得た額に必要諸経費等を加算して試算賃料を求める手法である(総論7章)。期待利回りではなく、継続賃料利回りである。
ロ:誤り収益分析法は、一般の企業経営に基づく総収益を分析して対象不動産が一定期間に生み出すであろうと期待される純収益(減価償却後のものとし、これを収益純賃料という。)を求め、これに必要諸経費等を加算して対象不動産の試算賃料を求める手法である(総論7章)。
ハ:誤り差額配分法は、対象不動産の経済価値に即応した適正な実質賃料又は支払賃料と実際実質賃料又は実際支払賃料との間に発生している差額について、契約の内容、契約締結の経緯等を総合的に勘案して、当該差額のうち貸主に帰属する部分を適切に判定して得た額を実際実質賃料又は実際支払賃料に加減して試算賃料を求める手法である(総論7章)。
ニ:正しい本肢の通りホ:誤りスライド法は、現行賃料を定めた時点における純賃料に変動率を乗じて得た額に価格時点における必要諸経費等を加算して試算賃料を求める手法である(総論7章)。割引率ではなく、変動率である。
ヘ:誤り積算法は、対象不動産について、価格時点における基礎価格を求め、これに期待利回りを乗じて得た額に必要諸経費等を加算して対象不動産の試算賃料を求める手法である(総論7章)。継続賃料利回りではなく、期待利回りである。
問題へ戻る

問題16へ問題18へ