問題14 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題14 不動産の価格の特徴

鑑定評価報告書の作成指針、記載事項に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1) 依頼者が周知の事実については、鑑定評価報告書に記載しなくてもよい。
(2) 建物及びその敷地に係る鑑定評価の場合は、最有効使用については、敷地の更地としての最有効使用のみを記載すれば足りる。
(3) 鑑定評価報告書は、鑑定業者が依頼者に交付するものである。
(4) 他の専門家が行った調査結果を活用している場合には、当該調査報告書を必ず添付しなければならない。
(5) 鑑定評価上の不明事項については、行った調査の範囲を明確にするとともに、不明事項についての評価上の取扱いを明示する必要がある。

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題13へ問題15へ