問題10(解説) 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題10(解説) 不動産の価格の特徴

正解:1

イ:正しい本肢の通りロ:誤り不動産の価格に関する諸原則は、一般の経済法則に基礎を置くもので、鑑定評価の立場からこれを認識し、表現したもの(総論4章)である。このうち、最有効使用の原則、均衡の原則、適合の原則の3つは不動産に特有の原則であるが、それ以外の原則は不動産の価格形成に特有のものではない。
ハ:誤り不動産の収益性又は快適性が最高度に発揮されるためには、その構成要素の組合せが均衡を得ていることが必要である(総論4章)ため、収益性のみでは不十分である。
ニ:誤り最有効使用は、現実の社会経済情勢の下で客観的にみて、良識と通常の使用能力を持つ人による合理的かつ合法的な最高最善の使用方法に基づくものである(総論4章)ため、特別な能力を持つ人が採用するであろう使用方法は最有効使用にはなり得ない。
ホ:正しい本肢の通り問題へ戻る

問題9へ問題11へ