問題8 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題8 不動産の価格の特徴

価格形成要因の分析における不明事項に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1) 価格形成要因の分析は、不動産鑑定士が専門職業家として期待される調査分析能力の範囲内で行えばよい。
(2) 自己の調査分析能力の範囲内で当該要因に係る価格形成上の影響の程度を推定して鑑定評価を行う場合には、ある要因について対象不動産と比較可能な類似の事例が存在していればよい。
(3) 不動産鑑定士の調査分析能力として収集すべき資料の範囲は、一般に、公的な資料の確認と実地調査によって調査可能な範囲のみで足りる。
(4) 依頼者側の事情による時間的又は資金的な理由からの調査の制約により価格形成に重大な影響を与える要因が明らかでない場合に、想定上の条件についての実現性が認められず、また客観的な推定も困難な場合には、鑑定評価自体の依頼を謝絶する必要がある。
(5) 不動産鑑定士の通常の調査において埋蔵文化財の存否の端緒すら確認できない場合においても、埋蔵文化財の存否は価格形成に重要な影響を与える要因であるので、価格形成要因から除外して鑑定評価を行うことはできない。

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題7へ問題9へ