不動産鑑定士による合理的な推定

<留意事項>

2.資料の検討及び価格形成要因の分析について

(1)不動産鑑定士の調査分析能力の範囲内で合理的な推定を行うことができる場合について不動産鑑定士の調査分析能力の範囲内で合理的な推定を行うことができる場合とは、ある要因について対象不動産と比較可能な類似の事例が存在し、かつ当該要因が存することによる減価の程度等を客観的に予測することにより鑑定評価額への反映が可能であると認められる場合をいう。前へ次へ