DCF法

(2)DCF法

P :求める不動産の収益価格ak :毎期の純収益Y :割引率n :保有期間(売却を想定しない場合には分析期間。以下同じ) 。PR :復帰価格

<留意事項>

② DCF法の適用についてDCF法は、連続する複数の期間に発生する純収益及び復帰価格を予測しそれらを明示することから、収益価格を求める過程について説明性に優れたものである。

前へ次へ