取引事例の収集・選択

2.適用方法

(1)事例の収集及び選択取引事例比較法は、市場において発生した取引事例を価格判定の基礎とするものであるので、多数の取引事例を収集することが必要である。

取引事例は、原則として近隣地域又は同一需給圏内の類似地域に存する不動産に係るもののうちから選択するものとし、必要やむを得ない場合には近隣地域の周辺の地域に存する不動産に係るもののうちから、対象不動産の最有効使用が標準的使用と異なる場合等には、同一需給圏内の代替競争不動産に係るもののうちから選択するものとするほか、次の要件の全部を備えなければならない。

  • ① 取引事情が正常なものと認められるものであること又は正常なものに補正することができるものであること。
  • ② 時点修正をすることが可能なものであること。
  • ③ 地域要因の比較及び個別的要因の比較が可能なものであること。

前へ次へ