優劣及び競争力の程度

<留意事項>

2.個別分析の適用について

(1)個別的要因の分析上の留意点について対象不動産と代替、競争等の関係にある不動産と比べた優劣及び競争力の程度を把握するに当たっては、次の点に留意すべきである。

  • ① 同一用途の不動産の需要の中心となっている価格帯及び主たる需要者の属性
  • ② 対象不動産の立地、規模、機能、周辺環境等に係る需要者の選好
  • ③ 対象不動産に係る引き合いの多寡

前へ次へ