不動産の鑑定評価

第3節 不動産の鑑定評価

このように一般の諸財と異なる不動産についてその適正な価格を求めるためには、鑑定評価の活動に依存せざるを得ないこととなる。

不動産の鑑定評価は、その対象である不動産の経済価値を判定し、これを貨幣額をもって表示することである。それは、この社会における一連の価格秩序の中で、その不動産の価格及び賃料がどのような所に位するかを指摘することであって、

  • (1)鑑定評価の対象となる不動産の的確な認識の上に、
  • (2)必要とする関連資料を十分に収集して、これを整理し、
  • (3)不動産の価格を形成する要因及び不動産の価格に関する諸原則についての十分な理解のもとに、
  • (4)鑑定評価の手法を駆使して、その間に、
  • (5)既に収集し、整理されている関連諸資料を具体的に分析して、対象不動産に及ぼす自然的、社会的、経済的及び行政的な要因の影響を判断し、
  • (6)対象不動産の経済価値に関する最終判断に到達し、これを貨幣額をもって表示するものである。

前へ次へ