問題35 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題35 不動産の価格の特徴

所得税法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1) 個人が譲渡所得の基因となる資産をその譲渡の時における価額の2分の1に満たない金額で個人に譲渡した場合において、その譲渡により生じた損失の金額については、その譲渡した日の属する年分又はその翌年分の譲渡所得の金額の計算上控除することができる。
(2) 個人が固定資産の交換の場合の譲渡所得の特例の適用を受けて取得した固定資産を譲渡した場合における譲渡所得の金額の計算については、その交換により譲渡した資産の取得価額はその交換により取得した資産に引き継がれるが、その取得時期は引き継がれない。
(3) 個人が保証債務を履行するために譲渡所得の基因となる資産を譲渡し、その代金をもって債務の弁済を履行した場合において、その譲渡をした日の属する年の翌年にその履行に伴う求償権が行使できないこととなったときは、その行使できないこととなった金額に対応する部分の金額は、その翌年分の譲渡所得の金額の計算上控除することができる。
(4) 個人が限定承認に係る相続により取得した資産を譲渡した場合の譲渡所得の金額の計算については、その者が引き続きその資産を所有していたものとみなされる。
(5) 個人が主として自らの保養の目的で所有している別荘について受けた火災による損失の金額(保険金等により補てんされる部分の金額を除く。)は、その損失を受けた日の属する年分又はその翌年分の譲渡所得の金額の計算上控除すべき金額とみなされる。

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題34へ問題36へ