問題33 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題33 不動産の価格の特徴

道路法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

道路を構成する敷地、支壁その他の物件については、いかなる私権も行使することができない。
道路に電柱、ガス管、鉄道等一定の工作物、物件又は施設を設け、継続して道路を使用しようとする場合においては、当該道路の存する市町村の長の承認を得なければならない。
道路管理者が、道路に接続する区域を沿道区域として指定した場合であって、一定の要件に該当するときは、当該道路管理者は、道路の構造の損害又は交通の危険を防止するための施設を設け、その他その損害又は危険を防止するため必要な措置を講じなければならない。
道路管理者が道路一体建物に関する協定を締結し、その旨を公示した場合、当該協定は、公示のあった後において当該道路一体建物の所有者となった者に対しても、その効力を有する。
道路の供用の廃止があった場合においては、当該道路を構成していた不用となった敷地、支壁その他の物件は、従前当該道路を管理していた者が、1年を超えない範囲内において政令で定める期間、管理しなければならない。

<選択肢>

(1) 1つ
(2) 2つ
(3) 3つ
(4) 4つ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題32へ問題34へ