問題19 不動産の価格の特徴

2010年>>

問題19 不動産の価格の特徴

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。ただし、他の地域地区等の指定は、考慮しないものとする。

第二種中高層住居専用地域内においては、住宅の用途を変更して旅館とする場合は、特定行政庁の許可を受けなければならない。
工業地域内においては、都市計画においてその敷地の位置が決定していると畜場は、特定行政庁の許可がなくても新築することができる。
準防火地域内においては、地階を除く階数が四である建築物は、準耐火建築物としなければならない。
第一種住居地域内においては、法第56条第1項第2号の規定による制限(いわゆる隣地斜線制限)は、適用されない。
特別用途地区内においては、地方公共団体は、その地区の指定の目的のために必要と認める場合においては、当該特別用途地区に関する都市計画の内容として、法第48条第1頃から第12項までの規定による建築物の用途の制限を緩和することができる。

<選択肢>

(1) 1つ
(2) 2つ
(3) 3つ
(4) 4つ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題18へ問題20へ