問題34 不動産の価格の特徴

2008年>>

問題34 不動産の価格の特徴

河川法、海岸法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

高規格堤防特別区域内において竹木の伐採を行おうとする者は、河川管理者の許可を受けなければならない。
河川管理者は河川区域内の土地について、河川保全区域として指定することが可能であり、阿川保全区域における土地利用に対しては、それ以外の河川|区域より!散しい規制がかかることとなる。
国土交通大臣は、一級河川のうち直轄管理する区間については、河川|区域内の土地の占用許可を受けた者から、占用料を徴収することができる。
河川区域内の土地において、工作物の新築又は改築を行おうとする者は、河川|管理者の許可を受ける必要があるが、工作物の除去1については許可を受ける必要はない。
何人も海岸保全区域内においては、自らの所有地であっても、海岸保全施設以外の施設又は工作物を設けて当該海岸保全区域を占用しようとする場合は、海岸管理者の許可を受けなければならない。

<選択肢>

(1) 正しいものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) 4つ

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題33へ問題35へ